メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨木コテン劇場

古典落語「崇徳院」×クラシカルシネマ「心の旅路」 「運命の人」共通テーマに 16日・大阪

 古典落語とクラシック映画。時代を超えて人々に愛されてきた二つのエンターテインメントが同時に楽しめる「茨木コテン劇場」が16日、茨木クリエイトセンター(大阪府茨木市)で開かれる。テーマは「もういちど会いたい! 運命の人!」。上方落語界きっての映画通、桂米紫(べいし)による落語「崇徳院」の後、1942年製作の米映画「心の旅路」を上映する。

 大阪・十三の淀川文化創造館・シアターセブンで2013年に始まった公演。同館のプロデューサー・福住恵…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文778文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです