メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ななっく

閉店 盛岡の百貨店、開業7年で幕 市民憩いの場、惜しむ声 /岩手

買い物客らの拍手の中、最後のあいさつをする石村浩店長=盛岡市中ノ橋通1の「Nanak」で

 盛岡市中心部の肴町商店街入り口にある百貨店「Nanak(ななっく)」(同市中ノ橋通1)が2日夜、閉店した。商店街の中核施設で、市民の憩いの場としても親しまれてきたが、運営会社の赤字が続き、幕を下ろすことになった。商店街や地元の人からは地域への影響を懸念する声が上がるほか、多額の売上金が運営会社から支払われていないテナントもあるといい、動揺も広がっている。【日向米華、小鍜冶孝治】

 「ただ今をもちまして、営業を終了させていただきます。7年間ありがとうございました」。2日午後6時半…

この記事は有料記事です。

残り1516文字(全文1757文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです