メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

「日本国紀」をめぐって=山田孝男

題字・絵 五十嵐晃

 今どき「国民的ベストセラー」は死語に近い。

 国民のある層が熱心に読む本を、他の層は読まないし、関心がない。

 作家、百田(ひゃくた)尚樹(63)の近著「日本国紀」(2018年11月、幻冬舎刊、累計65万部)も、そういうベストセラーである。

      ◇

 「教科書では学べない日本通史」--がうたい文句の話題作だが、全国紙の書評欄は、系列会社が百田の対談本を出している産経新聞を除き、黙殺。

 他方、「なんでこんな本が売れるのだ」という怒りのにじむ記事が、社会面やデジタル版限定の深掘り特集、…

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1338文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. トヨタ「シエンタ」13万台リコール アクアなど6車種も エンジン防水不備で
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです