メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

日米韓防衛相会談 政策の違い、すり合わせ重要 慶応大教授(朝鮮半島政治・外交)西野純也氏の話

 レーダー照射問題で一度崩れた日韓の信頼関係を立て直すには時間がかかる。そのスタートとしての機会を持てたこと自体は評価するが、すぐ元通りというわけにはいかないだろう。米国は、東アジアの同盟国である日韓の関係が良好でないと安全保障政策においてマイナスであるため、何とかしたいという思いがあるはずだ。今回の会談でハイレベルでの対話がないという状況は回避することができたが、決して楽観しているわけではないだろう。

 北朝鮮については日米韓で優先課題が違う。大目標は非核化で一致しているが、日本は拉致問題解決を、韓国…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文586文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. さいたま小4殺害、男児父親の逮捕状 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです