メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
幻冬舎

社長ツイート騒動 作家と出版社対立 背景に「日本国紀」

幻冬舎の見城徹社長=2014年3月、庄司哲也撮影

 幻冬舎の見城徹社長が作家、津原泰水(やすみ)さんの著作の実売部数を暴露し、謝罪に追い込まれた。出版社との信頼関係を損なうとして多くの作家から批判を浴びたことが直接の原因だが、背景には同社が出版した百田尚樹さんの「日本国紀」を津原さんが批判してきたことがある。何が問題なのか。経緯を振り返り、出版に詳しいライターの永江朗さんに聞いた。【大村健一、待鳥航志】

 「まず、剽窃(ひょうせつ)に満ちた作品を出したことを読者に謝罪してほしい」。幻冬舎が見城社長と「社…

この記事は有料記事です。

残り2141文字(全文2369文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  4. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  5. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです