メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ

剥奪国籍2年ぶり復活 元ジョージア大統領、政界復帰の観測

キエフに到着したサーカシビリ氏=5月29日、ロイター

 ウクライナのゼレンスキー大統領は5月28日、ジョージア(旧グルジア)のサーカシビリ元大統領(51)に対し、剥奪していたウクライナ国籍を復活させた。この決定を受け、サーカシビリ氏は29日ウクライナに再入国した。今後、政界復帰するとの観測も流れている。

 サーカシビリ氏は2013年にジョージア大統領を退任した後、国内で強い批判を浴びたことから、ウクライナへ逃亡した。当初はポロシェンコ前大統領(在任14~19年)と協力関係を結び、15年には南部オデッサ州の知事就任に伴い、ウクライナ国籍を取得した。

 その後にポロシェンコ氏と仲たがいを起こし、サーカシビリ氏は17年にウクライナ国籍を剥奪されて、18…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです