メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たたなづく

映画の神様からのご褒美=河瀬直美

平城宮跡にて開催された星空上映会の様子=河瀬さん提供

 なら国際映画祭では、次世代の育成を掲げ、ユース部門の強化に乗り出した。去年、5回目の開催を機に「ユース審査員部門」と「ユース映画制作部門」を新設。中でも審査員部門の方は世界3大映画祭にも名を連ねるベルリン国際映画祭とのパートナーシップを結ぶことができた。彼らの条件は今後もこのパートナーシップを続けてゆくことであった。私たちのようなまだ若く小さな映画祭にとって、大きなサポートを得た始まりだった。中学生と高校生を対象に全国から10人のユース国際審査員を募集し、違う世代の若者が一つの映画を見てディスカッションを行うという非常に有意義な時間を持つことができた。

 ベルリンからはもう一つ条件が与えられていて、彼らを子供扱いしないということであった。ともすれば大人…

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1632文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  3. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです