メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

障害ある子も学童で一緒に

放課後、思い思いの時間を過ごす子どもたち=横須賀市の学童保育所「sukasuka-kids」で2019年5月23日、成田有佳撮影

 <kyoiku no mado>

 両親が共働きの児童らが放課後に過ごす学童保育(放課後児童クラブ)で障害児の受け入れが広がっている。「障害のある子もない子も共に生きる」。インクルーシブ(包括的な)学童を実践している現場を訪ねた。【成田有佳】

 ●新たな施設誕生

 江戸時代にペリーの黒船が来航したことで知られる神奈川県横須賀市の久里浜。この商店街に2018年4月、新しい学童保育所が誕生した。かつての洋品店を改装した施設の入り口のガラスには「障害のある子もない子も共に生きるインクルーシブ学童」と書かれている。

 ある日の放課後、児童たちがカラフルなセロファンを手に、透けて見える景色に「わー」と歓声を上げると、…

この記事は有料記事です。

残り1175文字(全文1479文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  4. 愛媛・伊方原発 3号機 特重施設の工事分割 四電、規制委に申請 /徳島
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです