メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 埼玉・自然学園中の新入生/1 「みんな、ごめんね」

フリースクールの中学部1年生の4人が学ぶ教室=千脇康平撮影(画像の一部を加工しています)

 <kyoiku no mado>

 埼玉県東部の春日部市にある「自然学園」には、発達障害や不登校などさまざまな事情を抱えた児童・生徒ら約80人が通う。今春、フリースクールの中学部に4人が入学した。健太さん、優哉さん、秀太郎さん、海斗さん(いずれも仮名)。この中でムードメーカーの健太さんは小学生のころ、注意欠陥多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラム障害と診断された。

 公立小で特別支援学級に入った当初は、自分の席に5分と座れず、教室のガラスを割り、椅子を壊したことも…

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです