メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 埼玉・自然学園中の新入生/1 「みんな、ごめんね」

フリースクールの中学部1年生の4人が学ぶ教室=千脇康平撮影(画像の一部を加工しています)

 <kyoiku no mado>

 埼玉県東部の春日部市にある「自然学園」には、発達障害や不登校などさまざまな事情を抱えた児童・生徒ら約80人が通う。今春、フリースクールの中学部に4人が入学した。健太さん、優哉さん、秀太郎さん、海斗さん(いずれも仮名)。この中でムードメーカーの健太さんは小学生のころ、注意欠陥多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラム障害と診断された。

 公立小で特別支援学級に入った当初は、自分の席に5分と座れず、教室のガラスを割り、椅子を壊したこともある。学年が上がるにつれ落ち着いたが、中学に進むにあたり、母親(37)は自然学園を選んだ。「こっちの方が、理解のペースに、より合わせてくれる授業に見えた。何より、同学年の友達と共に学び合い、自信をつけてほしくて」

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1056文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです