メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 台湾へ和え麺求め

宜品福州乾拌麺の乾拌麺。至福の一品で、心の底から衝撃を受けた=山田祐一郎さん提供

 台湾の和(あ)え麺が好きで好きでたまらない。和え麺とはゆでた麺を具材やタレ、調味料などと和えて食べる料理で、ラーメンやうどんのようにスープがないものが基本の形だ。

 4年前に初めて台湾を訪れた際、2泊3日の滞在中に21杯の麺料理を妻と2人で平らげた。その中で、最も鮮烈に記憶へと焼き付いたのが「宜品福州乾拌麺」で食べた名物の和え麺「乾拌麺(ガンバンミエン)」だ。小サイズだと1杯が日本円で120円くらい。やや小さめの器ではあるものの、圧倒的に安い。見た目は地味だ。ゆでられた麺の上に生のネギが乗っているだけ。器の底にタレがあり、麺となじむようによく混ぜれば完成。卓上のラー油と揚げた唐辛子、香醋(こうず)はお好みで。この三種の神器が必須。これらを加えることで、味わいに奥行き、辛さに深みが生まれ、至福の一品になる。これが120円ちょっとで味わえるなんて。心の底から衝撃を受けた。

 2度目の台湾は「老麺店」との出合いがハイライトだった。空港からホテルに直行し、荷物を置いて、すぐさ…

この記事は有料記事です。

残り772文字(全文1211文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです