メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

安田記念 インディチャンプV

 中央競馬の第69回安田記念(G1)は2日、東京競馬場の芝1600メートルに16頭が出走して行われ、単勝4番人気のインディチャンプがレースレコードを0秒4更新する1分30秒9で優勝し、賞金1億1000万円を獲得した。福永祐一騎手は安田記念2勝目。音無秀孝調教師は初勝利。1番人気のアーモンドアイは追い上げ及ばず3着で、G16連勝はならなかった。

 インディチャンプは4、5番手をリズムよく走り、ゴール前の競り合いで逃げたアエロリットを首差で退けた。福永は「日本で一番強い馬を負かした」と、G1初挑戦のインディチャンプをたたえた。【藤倉聡子】

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ患者受け入れ、億単位の収入減 政府支援「全く不足」 聖路加国際病院長

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 岡山・暴力団事務所近くで複数回の発砲 2人がけが

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 匿名の刃~SNS暴力考 背景に義憤や嫉妬 安全な場所からたたく ネットめぐる訴訟手がける深沢諭史弁護士

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです