メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜・新交通システム事故

車両の交信記録「問題なし」 停止装置、逆走想定外

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で1日、車両が逆走して14人が重軽傷を負った事故で、出発直前の自動列車運転装置(ATO)の交信記録に異常がなかったことが、運行会社「横浜シーサイドライン」への取材で判明した。同社によると、交信記録が正常でも、システムそのものに不具合があった可能性がある。事故原因を調べる国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官は「原因は思いつかない」としている。

 シーサイドラインのシステムには、車両が逆走しても自動で止まる仕組みがなかったことも明らかになった。これまでに国内の新交通システムで逆走した事例はなく、同社は「逆走するという想定がなかった」としている。運行を停止しているシーサイドラインの再開時期は見通せず、振り替え輸送や代替バスで対応する。

この記事は有料記事です。

残り1076文字(全文1422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです