メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜・新交通システム事故

車両の交信記録「問題なし」 停止装置、逆走想定外

 横浜市磯子区の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で1日、車両が逆走して14人が重軽傷を負った事故で、出発直前の自動列車運転装置(ATO)の交信記録に異常がなかったことが、運行会社「横浜シーサイドライン」への取材で判明した。同社によると、交信記録が正常でも、システムそのものに不具合があった可能性がある。事故原因を調べる国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官は「原因は思いつかない」としている。

 シーサイドラインのシステムには、車両が逆走しても自動で止まる仕組みがなかったことも明らかになった。…

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1422文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです