メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外京アニのスタジオで爆発 けが人多数か
選挙

堺市長選 舌戦続く 期日前・不在者投票、過去2回上回る

ショッピングセンター前で、有権者に支持を訴える立候補者(手前)=堺市内で2019年6月2日、幾島健太郎撮影(画像の一部を加工しています)

 堺市長選の投開票日(9日)まで1週間を切り、選挙戦最後の日曜となった2日、無所属新人の野村友昭氏(45)と大阪維新の会新人の永藤英機氏(42)の両候補は、維新が掲げる大阪都構想や市政の刷新などを巡り舌戦を繰り広げた。過去2回の市長選と同様、大阪維新と反維新勢力による事実上の一騎打ちの様相。4月の統一地方選や衆院補選で勝利した維新の勢いが続くかも注目される。

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文767文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 公取委、ジャニーズ注意 芸能界監視を強化 芸能人と所属事務所の契約トラブル相次ぎ
  2. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  3. ORICON NEWS 芦田愛菜、年間100冊以上読破も「読書が芝居に役立ったことない」 女優論展開で「自由な想像」重視
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです