山井氏が離党届 国民民主、止まらぬドミノ 党幹部「当面たなざらし」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
山井和則氏=川田雅浩撮影
山井和則氏=川田雅浩撮影

 国民民主党の山井和則国対委員長代行(衆院比例代表近畿ブロック)は3日、国会内で平野博文幹事長と会い、離党届を提出した。国会対応の司令塔となる国対幹部が国会開会中に離党表明するのは異例。同党は離党届を受理せず、除籍処分を検討する。

 山井氏は離党届を提出した後、記者会見した。離党後は無所属議員として立憲民主党会派に入りたい意向を表明。旧民進党勢力から分裂した立憲民主、国民民主両党の再結集を目指す考えも示し、「大きな塊を作る運動に参加したい」と語った。この時期の表明に関しては「5月末で重要法案の衆院審議が一区切りつ…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文645文字)

あわせて読みたい