金融庁「人生100年時代」の報告書 資産運用など自助強調

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
金融庁=根岸基弘撮影
金融庁=根岸基弘撮影

 金融庁は3日、平均寿命が大幅に伸びる「人生100年時代」に備え計画的な資産形成を促す「高齢社会における資産形成・管理」報告書をまとめた。長寿化による生活費の増加や公的年金の受取額の減少を見据え、現役時代からの資産運用や定年退職後の再就職など「自助」の必要性を強調した。

 報告書によると、平均的な無職の高齢夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)の場合、月約5万円…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文449文字)

あわせて読みたい

注目の特集