メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

博多通りもんが「最も売れたあんこまんじゅう」ギネス認定

「博多通りもん」=福岡市博多区で2019年6月3日午後0時2分、上入来尚撮影

 福岡の土産物として人気の菓子「博多通りもん」が、昨年1年間に最も売れたあんこまんじゅうとして、ギネス世界記録に認定され、福岡市のJR博多駅前で3日、製造・販売する明月堂(同市)の秋丸真一郎社長に公式認定証が贈られた。

 2018年の売り上げは75億9126万1769円。今年で創業90周年を迎えた明月堂が記念に申請し、ギネス社が新たに創設した「最も売れている製菓あんこまんじゅうブランド」の部門で認められた。

明月堂の秋丸真一郎社長(左)に授与された「博多通りもん」のギネス認定証=福岡市博多区で2019年6月3日午前10時36分、上入来尚撮影

 博多通りもんは、1993年発売。3年余りの研究・開発を経て、バター、生クリームの洋菓子の素材と和菓子の伝統を融合させ、しっとりした食感の「西洋和菓子」のジャンルを作った。販売エリアを福岡都市圏に限定した戦略で、旅行者や出張者の定番土産に成長し、現在は年間約6400万個を生産する。

 秋丸社長は「認定は喜ばしく、誇らしい。100周年へ向け、地域に愛されるお菓子作りをしたい」と意気込んだ。【青木絵美】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです