メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・堂島大橋に「丸い跡」 いったい何が…市が情報提供呼びかけ

現在の堂島大橋の橋飾塔。上部に何かが剥がされたような丸い跡がある=大阪市橋梁課提供

 1927(昭和2)年に建設された大阪市の鉄橋「堂島大橋」のたもとに据えられた石造りの「橋飾塔(きょうしょくとう)」に残る直径約50センチの謎の丸い跡が、市を悩ませている。市は現在進めている橋の改良工事に合わせて塔を往時の姿に復元する予定だが、この部分に何があったか分からないからだ。戦時中の金属供出命令が関連しているとみられ、市などは完成直後の塔の写真など、情報提供を呼び掛けている。

 堂島大橋は中之島西部の堂島川に架かる全長約76メートルの橋。市などによると明治初期にできた木製の橋…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 熊谷6人殺害 「残虐な犯行」ペルー人被告に求刑通り死刑

  4. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  5. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです