メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石老人ホーム「孤独死」 安否確認を毎日実施へ 市が対策

兵庫県明石市内の有料老人ホームでの「孤独死」問題を受けて対応策を発表する泉房穂市長(左端)=兵庫県明石市中崎1で2019年6月3日午後3時7分、浜本年弘撮影

 兵庫県明石市内の有料老人ホームの入居者が死後約2週間気付かれずに「孤独死」していた問題で、市は3日、市内すべての有料老人ホーム5施設に安否確認を毎日実施して、結果を市に報告するよう求める方針を発表した。泉房穂市長が記者会見し「いつどこで誰の安否を確認したのか記録を求める」と述べた。泉市長が4日、5施設を訪ねて現状を把握した上で通知する。

 市などによると、居室で亡くなった90代男性は、介護保険サービスなどを受けずに自立した生活をしていた。市は同様の入居者がいる可能性がある「軽費老人ホーム」(ケアハウス)3施設と「サービス付き高齢者向け住宅」22施設も含め市内計30施設を、6月中をめどに訪問調査し、安否確認の毎日実施も求める。市は今回の事案について市職員らによる緊急検証チームも設けた。

 今回の事案を受けて、厚生労働省は「入居者への安否確認は当然行われるべきだ」として、有料老人ホームの管理・監督権限がある自治体に、施設への指導の徹底を5月31日付で通知した。入居者が訪問を望まないケースも電話や通信機器などを利用し「毎日1回以上の安否確認などが必要」とした。【浜本年弘】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです