メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

明石老人ホーム「孤独死」 安否確認を毎日実施へ 市が対策

兵庫県明石市内の有料老人ホームでの「孤独死」問題を受けて対応策を発表する泉房穂市長(左端)=兵庫県明石市中崎1で2019年6月3日午後3時7分、浜本年弘撮影

 兵庫県明石市内の有料老人ホームの入居者が死後約2週間気付かれずに「孤独死」していた問題で、市は3日、市内すべての有料老人ホーム5施設に安否確認を毎日実施して、結果を市に報告するよう求める方針を発表した。泉房穂市長が記者会見し「いつどこで誰の安否を確認したのか記録を求める」と述べた。泉市長が4日、5施設を訪ねて現状を把握した上で通知する。

 市などによると、居室で亡くなった90代男性は、介護保険サービスなどを受けずに自立した生活をしていた…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです