被ばくと子どもの甲状腺がん「現時点で関連ない」 福島県部会

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島県庁=荒川基従撮影
福島県庁=荒川基従撮影

 東京電力福島第1原発事故後、福島県が当時18歳以下の県内の子どもを対象に実施している甲状腺検査で、有識者による県の評価部会は3日、2014、15年度に実施した2巡目の検査で発見された甲状腺がんと被ばくに「現時点で関連はない」とする結論をまとめた。

 検査では甲状腺がんの発見率が、発生当時、原発近くに住んでいた子どもほど高かった。だが、受診時の年齢などを考慮したところ、被ばく線量が高いとがんの発見率が…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

あわせて読みたい

注目の特集