メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パンプス問題を考える

パンプス強制やめて「#KuToo」署名1万8856筆提出 「性差別だ」

合同企業説明会に臨む学生たち。女性のほとんどはパンプスだ=千葉市美浜区の幕張メッセで2019年3月1日午前9時46分、藤井達也撮影

 企業が女性にパンプスを履くことを強制することを禁じるよう国に求める署名活動をしていたグラビア女優でライターの石川優実さん(32)が3日、署名1万8856筆を厚生労働省に提出した。石川さんは「性差別やハラスメントに当たる」と訴えている。【中川聡子/統合デジタル取材センター】

 石川さんは厚労省雇用機会均等課に署名と要望書を提出した。

 要望書には、パンプス強制について▽性差別やハラスメントに当たるとの法規定を設けるよう検討する▽男女雇用機会均等法などが定めるハラスメントに該当するとして企業を行政指導する――などの対策を国に求めている。

この記事は有料記事です。

残り1314文字(全文1582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです