メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#NoBagForMe 生理をオープンに 動き広がる

5月に東京都内で開かれた生理を語るトークイベントの様子=ユニ・チャーム提供

 「袋、要りません」――。生理用品を買ったときに外から見えないように入れられる袋を断れる社会にしようと呼びかけるツイッターのハッシュタグ「#NoBagForMe」が話題になっている。女性同士でも話しにくい生理の話題をオープンに語り合おうという動きが、加速している。【塩田彩/統合デジタル取材センター】

 コンビニやドラッグストアで生理用品を買うと、頼まなくても紙袋や黒やグレーなど色の濃い袋に入れられる。女性にとっては日常の風景だ。生理は多くの女性が毎月経験する身近な現象である一方、女性同士でも話しにくいと感じる人も多い。袋のサービスは「生理は隠すもの」という社会の共通認識が前提となっている。

 でも、生理って本当に隠すべきものなの? そんな疑問から生まれたのが「#NoBagForMe(袋は不…

この記事は有料記事です。

残り2183文字(全文2530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです