認知症大綱で数値目標取り下げへ 「偏見助長」と懸念の声、配慮不足認め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府は今月中にまとめる認知症施策の大綱で、認知症の予防に関する初の数値目標を取り下げる方針を固めた。認知症の人への配慮不足を指摘する関係団体などの声に配慮した。

 政府は4日の自民党部会に大綱の案を示し、月内に開く関係閣僚会議で決定する。

 政府は5月に有識者会議へ示した大綱案に、70代での発症を10年間で1歳遅らせ…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

あわせて読みたい