力士と親方対象、「伝統と秩序の維持、継承・発展」テーマに研修会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本相撲協会は3日、東京・両国国技館で「大相撲の伝統と秩序の維持、継承・発展」をテーマに研修会を行った。力士や親方ら全協会員が対象で、真言宗興山寺住職で同協会の岡部観栄監事らが講義を行った。

 研修会は非公開。協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)によると、八角理事長(元横綱・北勝海)は先月26日の…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

あわせて読みたい

注目の特集