メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「楽しく、頑張っていきましょう!」長野県内初の女子硬式野球監督に27歳の長田さん就任  

初練習で選手たちにアドバイスする長田夏美さん(右から2人目)=麻績村総合運動場で2019年6月1日午前10時43分、小川直樹撮影

 松本国際高(長野県松本市)が4月に創部した県内初の女子硬式野球部の監督に、選手としてプレー経験を持つ長田夏美さん(27)が1日付で就任し、初練習に臨んだ。「選手たちには野球の楽しさを感じてもらいたい」と笑顔で接し、チームづくりをスタートさせた。

 土日の練習場に使用している麻績村総合運動場で1日、長田さんは5人の部員と初めて顔を合わせ、「みんなで楽しく、頑張っていきましょう!」と声を掛けた。捕球動作の基本や硬球の投げ方など、手本を示しながら教え、すぐに選手たちと打ち解けていた。

 長田さんは宮崎市出身。中学から硬式野球を始め、埼玉栄高(さいたま市)の女子硬式野球部で主に二塁手と…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  3. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 「アフガニスタンは、真の英雄を失った」 カブールなどで中村哲さん追悼集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです