メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

野田秀樹が「東京キャラバン」総監修 各地の伝統を融合

記者会見に出席した野田秀樹(右)と松たか子=東京都港区で2019年5月10日、田中博子撮影

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会に向けて15年から始まった東京都の文化プロジェクト「東京キャラバン」で、総監修を務める劇作家で演出家の野田秀樹が東京都内で記者会見し、今年は福島県いわき市(終了)▽埼玉(10月13日)▽富山(11月3、4日)▽岡山(12月8日)▽北海道(12月)--で実施すると発表した。節目となる来年は、東京の代々木公園か明治神宮での開催を検討しているという。

 これまでに東京や京都、高知、秋田などのほか、16年には五輪開催中のブラジル・リオデジャネイロでも実…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文636文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです