メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・読見しました。

狭い路地の小さなドア

 学校の帰り道、夜、暗く狭い路地の奥に見つけた小さな明かり。吸い込まれるように近づいていき、小さなドアを開けると、木のぬくもりに包まれた、書斎のような喫茶店だった。

 先客はいない。チャイを注文する。さて、何をして過ごそうか。たまったラインの返事を返そうか、課題を片付けようか……。やることはいくらでもカバンの中に詰まっている。

 ふとメニューに目を向けると、店の「楽しみ方」が書かれていた。

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文493文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです