メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カルト脱会支援

かほくの住職が新団体 機関誌にオウム元死刑囚との手紙 /石川

新たに設立した「井上嘉浩さんと共に、カルト被害のない社会を願う会」の機関誌創刊号を手にする平野喜之さん=石川県かほく市高松の浄専寺で、岩壁峻撮影

 オウム真理教の元幹部で昨年7月に死刑が執行された井上嘉浩元死刑囚(執行時48歳)を支援してきたかほく市の浄専寺住職、平野喜之さん(55)がカルト宗教の信者の脱会支援をする団体を新たに作り、5月に機関誌を創刊した。「井上元死刑囚の償いには、カルト教団による事件の再発防止を願う思いも含まれていた」と平野さん。自らの活動が遺志を継ぐことになると考えている。【岩壁峻】

 団体は「井上嘉浩さんと共に、カルト被害のない社会を願う会」。井上元死刑囚と同じ京都の私立高出身だっ…

この記事は有料記事です。

残り632文字(全文864文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです