メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

若手カメラマン、公募作品など171点 最年少は友長さん17歳 16日まで清里フォトアートミュージアム /山梨

K・M・アサド「ロヒンギャ難民の大脱出」(2017)©︎K.M.Asad=清里フォトアートミュージアム提供

18年度

 若手カメラマンが撮影した写真を展示する「2018年度ヤング・ポートフォリオ(YP)」展が清里フォトアートミュージアム(北杜市高根町清里)で開かれている。16日まで。

 YPは35歳以下のカメラマンを対象に公募し、優れた作品集(ポートフォリオ)を購入・収蔵する取り組み。同ミュージアムは開館した1995年から若手の支援や育成を目的にYPを続けていて、18年度で24回目になった。今回は18年度の公募で選ばれた作品と歴代作品など計171点を展示している。

 18年度の最年少は当時17歳の友長光明さん。作品は、台湾の夜の街角に光る目と薄明かりで犬を浮かび上…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 飯塚元院長を12日にも書類送検 運転処罰法違反容疑 池袋母子死亡

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです