メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

演劇ワークショップ

非認知能力を伸ばす 豊岡市予算案に提案、小学校低学年で2学期スタート 指導は平田さんの劇団 /兵庫

豊岡演劇祭の第1回企画部会で、部会長に選ばれ、あいさつする平田オリザさん(中央)、左は中貝宗治市長=豊岡市役所で、村瀬達男撮影

 豊岡市は、小学校低学年に対し、数値化できない「非認知能力」(やり抜く力、自制心、他者と協働する力)を伸ばそうと、「演劇ワークショップ」を2学期から実施する。劇作家の平田オリザさん主宰の「劇団 青年団」が指導し、今年度は三江小(同市庄境)と資母小(同市但東町中山)がモデル校になる。関連予算289万円を7日開会の市議会に提案する。【村瀬達男】

 市によると、OECD(経済協力開発機構)などの研究により、学力テストで測れる「認知能力」を伸ばすに…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 植松被告、接見に「一人で裁判受けたい」 遺族調書は「悪口ベース」 相模原殺傷

  2. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです