メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

コミュニティナース 桝田采那さん 一人一人に寄り添いたい /奈良

血圧を測定しながらお年寄りと談笑する桝田采那さん=奈良県五條市で、萱原健一撮影

 地域に入り込んで保健、医療分野で幅広く活動する「コミュニティナース」。五條市西吉野町を拠点に今春、活動を始めた。「地域の一人一人の生活に寄り添いたい」

 五條高校を卒業し、大和高田市立看護専門学校で3年間勉強した後、南奈良総合医療センター(大淀町)に就職した。内科の看護師として2年間働くなかで、病院に連れてこられる多くの独居高齢者を見て「なんでこんな状態になるまで誰も見つけられなかったのだろう」と驚いた。

 「患者と看護師という関係ではなく、人としてゆっくり関わりたい」。昨年11月、県の奥大和コミュニティナース養成講座を受講。その後、東京でコミュニティナースカンパニー(島根)主催の講座を受け、4月に地域おこし協力隊として市の臨時職員になった。五條市のコミュニティナース第1号だ。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです