メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
風景を歩く

継桜王子 熊野詣で、温かく歓待 /和歌山

とがの木茶屋(左手前の建物)で一息入れ、本宮へ向かう2人の旅人=和歌山県田辺市中辺路町野中で

 田辺から本宮に至る熊野古道の中程(ほど)に「継桜(つぎざくら)王子」(旧中辺路町)という旧跡がある。どこかひかれる王子名である。社地の何本かの大杉は樹齢800年といわれ、古色を帯びた枝幹(しかん)は陽(ひ)の光をさえぎって、境内は昼間でも薄暗い。

 1109年に熊野に詣でた藤原宗忠の日録(にちろく)には「道の左辺に続桜(つぎざくら)の樹あり」と記されているものの、それからおよそ100年後の鎌倉前期に詣でた貴人らのそれによると、王子名として明確に記されているので、継桜王子は比較的新しい施設ではないかとされている。

 王子社が置かれるのとその廃絶は目まぐるしかったようだが、近辺には奥州藤原秀衡(ひでひら)の妻の出産…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文950文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです