メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原子力安全文化の日

安全意識、鐘に誓う 島根原発で中電社員ら600人 /島根

島根原子力館前に設置された「誓いの鐘」を鳴らす中国電力の清水希茂社長=松江市で、鈴木周撮影

 中国電力島根原発(松江市)で3日、社員らの安全意識を高めるための「原子力安全文化の日」の行事があった。2010年3月に計123件の機器の点検漏れが発覚した問題を受けて定め、幹部らが島根原子力館前にある「誓いの鐘」を鳴らした。その後原発構内の事務所であった式典で清水希茂社長が「問題で得た教訓を風化させることなく将来に継…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  3. 専門家「もっとわかりやすく」「まず信頼獲得を」 政府のコロナ情報発信に注文

  4. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  5. 東京都 新たに85人以上感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです