レジ袋無料禁止

小売店、20年法整備 環境相表明

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 原田義昭環境相は3日、環境省で記者会見し、プラスチックごみ削減に向け、スーパーやコンビニ、百貨店などで商品購入時に使われるプラスチック製レジ袋の無料配布を禁じる法令を制定すると表明した。プラ製レジ袋を使う全ての小売事業者を対象とする考えで、2020年中の法整備を目指す。【鈴木理之】

 原田環境相によると、無料配布の禁止後はレジ袋を原則有料とし、価格などについては各事業者で自主的に決められるようにする。レジ袋の売り上げについては仕入れ原価を除いて環境保全費用などに充てられるようなルールを検討する。

 海洋プラごみの環境影響が世界的な課題となっており、今月に大阪で開催される主要20カ国・地域(G20)首脳会議でも、プラごみ削減に向けた対策が主要なテーマとなる見通し。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1221文字)

あわせて読みたい

注目の特集