メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

情報商材って危ないの? 高額な被害の入り口 相談、5年で10倍に急増=回答・岡礼子

「在宅ワーク」「月収200万円」など目をひく言葉が並ぶ情報商材の宣伝文=岡礼子撮影

 なるほドリ 「簡単に数百万円もうかる副業術(ふくぎょうじゅつ)を教えます」っていう投稿(とうこう)をインターネットで見たよ。しかも、今登録すればキャッシュバックがあって、損はしないんだって。

 記者 もしや登録してしまいましたか? それはネットビジネスや投資で高収入を得るノウハウだとうたって電子冊子や動画などの「情報商材(じょうほうしょうざい)」を販売する詐欺(さぎ)的商法ですよ。「元が取れる」「今なら特典(とくてん)付き」というのは勧誘(かんゆう)の決まり文句です。

 Q ビジネスを学べるのはいいんじゃない?

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文680文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  3. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです