メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みずほFG

情報銀行に意欲 顧客データ、企業に販売 坂井辰史社長

 みずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長が毎日新聞のインタビューに応じ、銀行が保有する顧客情報を本人の了解を得たうえで企業に販売する「情報銀行」に参入する考えを明らかにした。人工知能(AI)やビッグデータを組み合わせた中小企業向けの新たな融資手法によって、低迷する国内資金需要を掘り起こす考えも示した。

 みずほFGは、2017年から傘下企業でAIを使った個人向け融資を始めている。これらのサービスを通じて得た趣味や預金額などの顧客情報を、消費者の行動傾向を把握するビジネスデータとして企業に販売する情報銀行事業を検討する。坂井社長は「既に(データ購入に)手を挙げている大手の取引先がたくさんいる。銀行は情報管理などに費用をかけており、他業種に比べ信頼度が高い」と主張。銀行の業務範囲を拡大する改正銀行法…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです