メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

データ革命

高齢化日本「宝の山」 IoT、身体の数値集めやすく

 インターネット上や生活の場で得られる膨大なデータが新しい価値を生み出す「データ経済」が注目されている。データは私たちの生活をどう変えるのか。米IT大手が席巻する中、日本に勝機はあるのか。データの活用が進む現場から探った。【岡大介】=随時掲載

 埼玉県深谷市の介護リハビリ施設「うちリハ深谷中山道店」で、高齢者がタブレット端末の画面を見ながら腕や足を伸ばしていた。通常の体操と違うのは、腕や足にベンチャー企業「モフ」(東京都)が開発した計測バンドを着けていることだ。画面には体操の手本の映像だけでなく、腕や足を動かした角度などもリアルタイムで表示されるため、正しい動作が身に付く。須永幸子さん(79)は「実際にどれくらい動いたか、自分で分かるので楽しいわね」と笑顔を見せた。

 このデータは施設を通じて同意を得た上でモフが蓄積し、身体機能の改善につながった動きなどを分析、より…

この記事は有料記事です。

残り2090文字(全文2476文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです