メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁

「人生100年」の資産形成報告 「自助」強調に批判次々「あとは自己責任でよろしく」か?

 金融庁が3日に出した報告書については、案が公表された5月下旬以降、インターネット上で批判が相次いだ。

「年金の範囲内」重視を

 「政府による怠慢のツケを、主権者が『心構え』をして支払わなければならないのか。自助を求めるなら国家はいらない」

 「あとは自己責任でよろしく!って言っているようなもの。だったら税金も年金も払わなくていいんじゃないの」

 こうしたネット上の声について、経済ジャーナリストの荻原博子さんも「年金水準の維持が難しい状況を自助努力で何とかしろ、というのは責任逃れだ」と同調。さらに「金融庁が年金が足りないと国民をあおって、必死に投資させようとしているように見える。まるで証券会社のようで違和感がある」と話す。

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文763文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです