マラソン

9月のグランドチャンピオンシップ 五輪かけ43人出場

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本陸上競技連盟は3日、2020年東京五輪のマラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日、東京)の出場選手男女計43人を発表した。男子は日本記録保持者の大迫傑(すぐる)(ナイキ)ら31人、女子は昨年9月に2時間22分23秒の好記録を出した松田瑞生(ダイハツ)ら12人。

 17年8月~今年4月の大会で一定の成績を残した選手が出場権を獲得。4月にプロ転向した川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)ら世界選手権ドーハ大会(9~10月)マラソン代表の男女各3人は出場しない。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文646文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集