メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

季語刻々

照り翳るガーベラを愛づ不惑前

 ◆昔

 「四十を越し候(そうろう)と人間も碌(ろく)な事には出合わず、ただこうしたいと思うのみにて何事もそう出来し事無之(これなく)、耄碌(もうろく)の境地も眼前に相見え情なく候」。夏目漱石がこのように手紙に書いたのは1913(大正2)年、漱石は46歳だった。今日の句の不惑(40歳)は昭和のそれ。や…

この記事は有料記事です。

残り65文字(全文215文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです