メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

トゥレット症、周囲の理解課題

チックとトゥレット症

 頭や手足を突然動かしたり大声をあげたり、意思と無関係なチック症状が続く「トゥレット症候群(トゥレット症)」は、重症になると通勤や通学、社会生活に支障が出る。原因不明で治療法や特効薬はなく、複雑な症状とつきあうほかない患者や保護者にとっては、社会の理解不足も悩みだ。

 ●複数のチック続き

 神奈川県に住む女性(43)が、長男の異変に気づいたのは小4の春だった。無意識に「あ、あ」と声が出る。スクールカウンセラーの勧めで受診し、「チック」と診断された。

 処方された薬を飲んだが、症状は徐々に悪化した。小6の夏休みには意図せず暴言が出る「汚言症(おげんし…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1467文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです