メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

炎鵬「令和の牛若丸」 「前へ」徹し技も多彩

夏場所8日目、千代丸(右)を攻め、足取りで6勝目を挙げた炎鵬=藤井達也撮影

 大相撲夏場所は25歳の新鋭、平幕の朝乃山(高砂部屋)が初優勝を遂げた。優勝争いに引けを取らないほど注目を浴びたのが、新入幕の24歳、関取最小の身長168センチ、最軽量99キロの炎鵬(宮城野部屋)。けがもあって中盤から6連敗し、7勝8敗で惜しくも勝ち越しを逃したが、名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の幕内残留は確実だ。先達の声も踏まえ、新進の小兵の魅力と課題を探った。【飯山太郎】

 勝ち越しをかけた千秋楽は、小結経験もある35歳のベテラン、松鳳山と対戦。懐に潜り込もうとする炎鵬と…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 大麻所持 容疑で愛知の少年逮捕 岐阜中署 /岐阜
  3. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 山形・鶴岡の酒蔵、酒瓶1000本以上割れる 新潟震度6強

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです