メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

炎鵬「令和の牛若丸」 「前へ」徹し技も多彩

夏場所8日目、千代丸(右)を攻め、足取りで6勝目を挙げた炎鵬=藤井達也撮影

 大相撲夏場所は25歳の新鋭、平幕の朝乃山(高砂部屋)が初優勝を遂げた。優勝争いに引けを取らないほど注目を浴びたのが、新入幕の24歳、関取最小の身長168センチ、最軽量99キロの炎鵬(宮城野部屋)。けがもあって中盤から6連敗し、7勝8敗で惜しくも勝ち越しを逃したが、名古屋場所(7月7日初日・ドルフィンズアリーナ)の幕内残留は確実だ。先達の声も踏まえ、新進の小兵の魅力と課題を探った。【飯山太郎】

 勝ち越しをかけた千秋楽は、小結経験もある35歳のベテラン、松鳳山と対戦。懐に潜り込もうとする炎鵬と…

この記事は有料記事です。

残り1243文字(全文1491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです