メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲・技あり! 絞り 朝乃山、光った上手の取り方

夏場所14日目。左上手を取り、豪栄道(手前)の攻めを必死にこらえる朝乃山=藤井太郎撮影

 大相撲夏場所を制した平幕・朝乃山は、得意の右四つ左上手から寄って出る攻めが光った。優勝が決まった14日目、大関・豪栄道戦には朝乃山の今場所の良さが詰まっていた。

 立ち合いで右四つになったが、左上手は遠かった。右四つでも前に出る力はあるが「左を絞っていくしかないと思った」と朝乃山。豪栄道が左上手から軽く投げを打ったのが好機だった。前に出ながら左腕で豪栄道の右肘を絞り上げる。相手の上体を起こして左上手を取ると、投げにも動じず、最後は力強く寄り切った。

 上手を取るなら肩越しなど、文字通り上から取る方法もある。ただ、これだと自分の上体が起きたところを、…

この記事は有料記事です。

残り467文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです