連載

月刊相撲

大相撲の話題をたっぷりお届け。話題の力士のロングインタビューやおかみさんのリレーコラムも。

連載一覧

月刊相撲

待ったなし 令和最初の千秋楽=武藤久

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新元号最初の5月の夏場所は下馬評にも上がらなかった平幕の朝乃山が大相撲史に優勝力士としてしこ名を刻むことになった。さらに驚かされたのは米国・トランプ大統領の千秋楽の観戦模様だった。

 外国要人の大相撲観戦は珍しくなく、パリ市長時代から大相撲ファンだったシラク元フランス大統領は来日のたびに観戦、英国の当時のチャールズ皇太子夫妻も足を運んでいる。もちろん、ほとんどの要人の国技館での観戦は正面2階の貴賓席からだった。

 ところがトランプ大統領には1985年の両国国技館開場以来初めて1階正面の升席に特設観覧席が設置された。しかも本来は座るべき升席に、大統領夫妻、安倍晋三首相夫妻の四つのソファを置く前例のないものだった。

この記事は有料記事です。

残り846文字(全文1154文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集