メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ソフトバンク日本シリーズ3連覇
月刊相撲

待ったなし 令和最初の千秋楽=武藤久

 新元号最初の5月の夏場所は下馬評にも上がらなかった平幕の朝乃山が大相撲史に優勝力士としてしこ名を刻むことになった。さらに驚かされたのは米国・トランプ大統領の千秋楽の観戦模様だった。

 外国要人の大相撲観戦は珍しくなく、パリ市長時代から大相撲ファンだったシラク元フランス大統領は来日のたびに観戦、英国の当時のチャールズ皇太子夫妻も足を運んでいる。もちろん、ほとんどの要人の国技館での観戦は正面2階の貴賓席からだった。

 ところがトランプ大統領には1985年の両国国技館開場以来初めて1階正面の升席に特設観覧席が設置され…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです