メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

ゲノム編集で誕生の双子 寿命短く? 「感染症リスク増」 米チーム

 中国の研究者がゲノム編集の技術を使って遺伝子改変した双子を誕生させた問題で、同様の遺伝子変異を先天的に持つ人は変異のない人より寿命が短いとする研究結果を、米カリフォルニア大などの研究チームが4日、米科学誌「ネイチャー・メディスン」で発表した。変異があると感染症による死亡率が上がるとの報告もあり、ゲノム編集によって寿命が縮まった恐れがある。

 昨年11月、中国の研究者が、夫がエイズウイルス(HIV)に感染している夫婦の受精卵に、子への感染を…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文615文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです