メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
悲劇繰り返さぬために

6・28ハンセン病家族訴訟判決/上 94歳、父を語りたい 「患者の子」原告団長・林さん

ハンセン病家族訴訟判決を前に思いを語る原告団長の林力さん。自室では元患者の父の肖像画(左上)に「いつも見守られている」という=福岡市城南区で2019年2月、森園道子撮影

 ハンセン病元患者の家族561人が国家賠償と謝罪を求めた訴訟の判決が28日、熊本地裁で言い渡される。国は元患者への救済策を進めてきたが、家族については救済の対象外としてきた。しかし、家族もまた差別や偏見の目にさらされてきた。ひた隠しにしてきた被害を法廷で明かした人たちの訴えは、司法に届くのか。

 「力(ちから)、よう頑張りよるね」。書斎の壁に掛かる父の肖像画から懐かしい声が聞こえるようだ。裁判が始まってから、561人の団長を務める元九州産業大教授の林力さん(94)=福岡市=は心の中で亡き父と対話することが増えた。患者だった父の存在がなければ、差別の問題に目を向けることはなかったかもしれない。

 林さんは長崎県で材木商などを営む家に生まれたが、父が事業に失敗して借金を抱え、家族で福岡に移り住ん…

この記事は有料記事です。

残り1180文字(全文1528文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです