メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池栄子

シングルマザー役で連ドラ主演 りょう&岡本玲と“愛と欲望の戦い”繰り広げる

連続ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」で主演する小池栄子さん =読売テレビ提供

[PR]

 女優の小池栄子さんが、7月4日スタートの連続ドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(読売テレビ・日本テレビ系、木曜午後11時59分)で主演を務めることが6月5日、分かった。ドラマは、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが、愛と欲望のために戦いながら、愛した夫が残した謎とうそに巻き込まれていく……という内容。小池さんは、12歳の娘を育てるシングルマザーでキャリアウーマンの森下晴美を演じる。

 また、晴美と夫を“シェア”していた2人のシングルマザー役を、りょうさんと岡本玲さんが演じることも発表された。りょうさんはストイックでクールな大人の女性で、15歳の息子を育てるパーソナルトレーナーの小椋加奈子役、岡本さんは双子を育てる優しい“モテ系女子”で保育士の藤宮茜役となる。

 ドラマは、「プラチナイト 木曜ドラマF」枠で放送。事実婚だが、夫と幸せに暮らしていた晴美はある日、警察から夫が殺されたという連絡を受ける。病院へ駆けつけると、自分が妻だと名乗る加奈子と茜に遭遇。晴美が夫だと思っていた男性は、自分以外にも2人の女性と事実婚の関係を結んでいた。夫の遺言で、3人は“シングルマザー専用シェアハウス”に導かれる。さらに夫は「愛する“たった一人の妻”に3億円を渡します」という遺言を残していた。3人は一番愛されていた妻として3億円を相続する権利を巡り、バトルを繰り広げる……という展開。全10話の予定。

小池栄子さんのコメント

 ――主演が決まった際の感想は。

 こんな大役の話をいただけるなんて、素直にうれしかったです。主演という位置づけではありますが、登場する3人の女性がいいバランスをとりながら、作品に挑めればと思っています。これまでたくさんの現場で主演の方の立ち居振る舞いを見てきました。現場では元気に声を出して、みんなを引っ張っていかねばと責任を感じています。クランクアップの際には、キャスト・スタッフみんなで「楽しかったなあ」と思えれば最高です。

 ――役どころについて。

 娘が一人のシングルマザーです。旦那だと信じていた男性に、実は他にも妻がいたという設定ですが、意外に現実の世界にもあるんじゃないかなと。籍を入れていない事実婚ですから、他にも彼女がいたという話は時々耳にします。「私が2番目だった!」と泣き叫んでいた友達もいました。

 私自身、子供はいませんが、愛してやまない愛犬はいます。愛するものがそばにいるときの強さというのは、まさに女性らしいところです。かっこいい母ちゃん像、今回の場合、外ではバリバリ働いて、家では子供を強く愛していくわけですが、その姿に、女性の視聴者には勇気を感じてもらえればうれしいです。

 ――共演者について。

 私にとって初めての連ドラだった「ナオミ」(フジテレビ系、1999年4月期)という学園モノで、りょうさんと共演させていただきました。りょうさんが先生で私が生徒でした。久しぶりの共演になりますので、とても緊張します。「小池、頑張ってきたな、たのもしくなった」と言われるように頑張りたいです。岡本玲ちゃんは舞台やテレビを拝見して、とても注目していました。「フリーター、家を買う。」(同局系、2010年10月期)での工場の娘役が強烈に光っていたので、いつか共演したいなと思っていたところです。共演できてとてもうれしいです。お二人とお芝居をすることで、今まで自分がやってこなかった芝居を自分の中から引き出せればという期待があります。

 ――視聴者へのメッセージを。

 同じ苦しみを抱えた3人の女性の出会いから物語は始まります。シェアハウスでの生活を通して、お互いのいいところ、弱いところを共有していくことで、ライバルだった3人の中に友情も生まれてきます。そういう部分がとても丁寧に脚本に書かれています。憎しみなどを超えて、助け合いながら、子供と一緒に生きていく…… その姿は美しいものになると思います。さまざまなことがドラマの中では起こりますが、特に女性の方には応援する側の気持ちで見てほしいです。

 「白い巨塔」で、主人公・財前の妻が、愛人のところへ行って、わざと自分の不在時間を伝え、愛人に死を目前に控えた財前に合わせるというシーン。あの行動は男性にはできないんじゃないかと思います。なんというか、そういった女性の粋なところ、胸にグッとくるシーンを、このドラマでも所々で皆さんに披露しますので、期待してほしいです。

 女性はドロドロしているものも好きだし、ブツブツ文句を言いながらも結局見ちゃうと思います。文句を言いながらでもいいので、ぜひご覧ください!

りょうさんのコメント

 ――役どころについて。

 ストイックで活発なシングルマザー・小椋加奈子を演じます。自分に自信がない性格でしたが、ある男性に出会ったことのおかげで自信を持ち前向きに動けるようになり、美のカリスマと呼ばれるパーソナルトレーナーとなった女性です。作品の舞台となるシェアハウスの中で、”晴美(小池)”と”茜(岡本)”と3人の自然な会話から生まれる空気を楽しみにしています。

 実生活でも母親ですが、ママ友の中でもシングルマザーの方と接することも多いです。ママ友LINEでしっかりとつながっていますし、子供が被害に遭うニュースを見ると、すぐに共有したりもします。ママ同士で、いろんな悩みを共有、共感し合いますが、その経験がドラマの中でも生かせればとも思います。

 ――共演者について。

 小池さんとは20年前ほど前に学園モノのドラマで、私が教師役、小池さんが生徒役として共演しました。その後も、サイン入りの写真集をいただいたりして、年月はかなり流れましたが、しっかりと覚えています(笑い)。当時は教師と生徒だった関係が、今回は同じ境遇のシングルマザーという形での再会ですから、とても楽しみです。岡本さんとお会いするのは今回が初めてです。でも初めての方と共演することも楽しみの一つです。

 ――視聴者へのメッセージを。

 一人の男性を愛した3人のシングルマザーによる駆け引きやだまし合い、幸せをつかもうとするバトルが繰り広げられます。ですがドロドロしたものではなく、「こういうこと、ある」とはたから見てくすっと笑いながら楽しんでいただければと思います。また、ちょっと心が揺さぶられたり、胸がキュンとするような女性同士で生まれる熱い友情にも注目してほしいです。憎しみの向こう側にある、すがすがしさのようなものを感じてもらいたいですし、「ドロドロして怖い」ように見えるのではなく、ご覧になった方が、逆に元気をもらえるような作品にしていきたいと思っています。ぜひ、ご覧ください!

岡本玲のコメント

 ――役どころについて。

 私が演じる藤宮茜は、フレンドリーな性格で物おじせず、たまに毒も吐いちゃうような明るい双子のシングルマザー。保育士として働きながら6歳の双子を育てる、タフで女子力も高いハイスペック女子です。

 ――共演者について。

 お二方とも初めて共演させていただきます。ドラマや舞台で拝見してずっと憧れの存在だったので、今回共演できることになり、すでに狂喜乱舞しております。女性としての強さや柔らかさのどちらの面も併せ持つお二人から、たくさんのことを吸収できたらと思っています。

 ――視聴者へのメッセージを。

 たくさんの「謎」と「嘘(うそ)」に立ち向かい熱くバトルするシングルマザー3人の話です。ミステリードラマであり、女の生き様やいろんな人間模様を描く会話劇。きっと壮絶で楽しいお芝居合戦になると思います。週の半ばの木曜日、寝静まった夜にぜひこっそりじっくり、私たちのシェアハウスをのぞきに来てください。きっといいものが見られますよ……!

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです