メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

苦手なカラオケも音ゲーで参加 大阪で実験サービス開始 京都の企業が開発

一つの曲を歌とゲームカラオケで盛り上げる=ドクエン提供

 歌うのが苦手なのにカラオケに誘われる。そんな悩みを解消してくれそうな機器を、京都市の企業が開発した。カラオケと音ゲー(リズムゲーム)を融合させた「ゲームカラオケ」(https://gamekaraoke.jp/)。どんな客層が利用するのか、大阪市内で実験サービスを始めた。

 カラオケ同様に選曲したら、歌う人以外は太鼓やタンバリンなどの音が出る2種類の打楽器コントローラーを用意。画面指示に従って曲のリズムに合わせてたたけ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 新型コロナ 福島・天栄村で「10万円」二重交付

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです