苦手なカラオケも音ゲーで参加 大阪で実験サービス開始 京都の企業が開発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一つの曲を歌とゲームカラオケで盛り上げる=ドクエン提供
一つの曲を歌とゲームカラオケで盛り上げる=ドクエン提供

 歌うのが苦手なのにカラオケに誘われる。そんな悩みを解消してくれそうな機器を、京都市の企業が開発した。カラオケと音ゲー(リズムゲーム)を融合させた「ゲームカラオケ」(https://gamekaraoke.jp/)。どんな客層が利用するのか、大阪市内で実験サービスを始めた。

 カラオケ同様に選曲したら、歌う人以外は太鼓やタンバリンなどの音が出る2種類の打楽器コントローラーを用意。画面指示に従って曲のリズムに合わせてたたけ…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集