メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン、外交を活発化 米国との対立が深まる中、緊張緩和に向け

 イランと米国の対立が深まる中、イランが緊張緩和に向けた外交を活発化させている。「米国との交渉は毒だ」(最高指導者ハメネイ師)と強硬姿勢を示す一方で、米イラン双方と良好な関係を保つ国との交渉も続け、敵対する米国やサウジアラビアとの関係改善を模索している。

 ザリフ外相は4月下旬、米FOXニュースに出演し「争いを望んでいるのはトランプ大統領ではなく、Bチームだ」と述べた。これは対イラン強硬派でいずれも名前に「B」を含むボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相、サウジのムハンマド・ビン・サルマン皇太子、アラブ首長国連邦を構成するアブダビ首長国のムハンマド・ビン・ザイド皇太子の4人を指す。あえて「敵」を明確化し、名前にBのないトランプ氏に秋波を送った分断作戦ともとれる。

 さらにザリフ外相は5月26日、訪問先のイラクでハキム外相らと会談した際「全ての湾岸諸国と、互いに攻…

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文994文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです