ヨットで漂流の女性救助 ヘブライ語などに反応、意思疎通できず 北海道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
海上保安庁が入る中央合同庁舎第3号館=東京・霞が関で、本橋和夫撮影
海上保安庁が入る中央合同庁舎第3号館=東京・霞が関で、本橋和夫撮影

 北海道寿都町沖で2日、ヨットで漂流中の外国人女性が救助された。第1管区海上保安本部(小樽市)は3日、岩内町の岩内港に停泊した巡視船内で事情を聴いた。パスポートや船員手帳など身元を証明するものはなく、ロシア語やヘブライ語で話しかけたところ、反応したが意思の疎通は十分できていないという。

 小樽海上保安部によると、ヨットのエンジ…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文273文字)

あわせて読みたい

ニュース特集