メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ぬりかべクライミング」や「一反木綿」のベンチ…「鬼太郎ひろば」調布に

公園「鬼太郎ひろば」にある妖怪「一反木綿」のベンチ=調布市提供

 ♫みんなで遊ぼうゲゲゲのゲ――。漫画家の水木しげるさん(1922~2015年)が50年以上住み、作品制作や生活の場となった調布市は、水木さんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」をモチーフにした公園「鬼太郎ひろば」を作った。また、街角には妖怪キャラクターの影絵が浮かぶ照明も新たに設置、公園も街角も鬼太郎の仲間たちが盛り上げる。

 同市下石原1の公園には、妖怪「ぬりかべ」を模して、人工の壁面を登るボルダリングを楽しむ「ぬりかべク…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです